グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  新風学院概要 >  授業の特徴

授業の特徴


1.少人数クラス授業

少人数対面授業へのこだわり

少人数クラス(1クラス10人程度)は、楽しくわかりやすく、力のつく授業です。
少人数で一人ひとりと向き合う対面授業は、学力だけでなく人間的な成長をも養成する場であると考えます。教師は授業の中で個々の生徒に足りないものを把握し、それを補うための指導を取り入れていきます。生徒は、他の生徒と比べて自分に足りないものを自覚し、追いつこうと必死で努力します。知識をただ詰め込むだけでは、成績は上がりません。時には楽しく、時には厳しく指導しながら、生徒を本気にさせるのも、対面授業の大きな役割であると考えます。

2.個別にカウンセリング・面談を実施

カウンセリングや面談を実施して、生徒一人ひとりの問題解決に継続して取り組んでいます。
入塾受付時にカルテを作成し、現状の問題点・課題・目標等について話し合います。

勉強・進路だけでなく、学校生活での悩み・家庭での生活習慣もアドバイスしているので、いつでも何でも相談できる存在として、頼りにすることができます。

3."考える力・解く力"を強化

「個別演習」を取り入れて、"考える力・解く力"を強化しています。
講義をたくさん受けていれば、学力は上がっていくでしょうか?
最近インプット・アウトプットという言葉がよくつかわれますが、インプットつまり知識を詰め込むだけの作業では力はつきません。
アウトプット、つまり詰め込んだ知識を引き出して、それをつかう作業を繰り返すことで、考える力・解く力が養成されると考えます。現代社会でもネットの普及により、膨大な知識はすでに用意されています。
要は、それを如何に使いこなすことができるか試されています。

4.自ら学ぶ姿勢を育てる

自ら学ぶ姿勢を育てるために、自習室(私語厳禁)の利用を奨励しています。

家ではあまり勉強しないお子さんでも、集中できる環境の中で、ライバルと競いながら、確実に勉強時間を増やすことができ、成果につながっていきます。

5.オリジナル授業の実施

内申点アップのためのオリジナル授業を実施しています。

ただ勉強だけを教えるのではなく、勉強をする意味や世の中で活躍する人材になるために何が必要なのかといった生き方につながる指導もしています。それらを通して、生徒たちは、目的意識が明確になり、テストの点数だけでなく、内申点も上がるようになります。